注文住宅で家を建てたい!?家づくりに欠かせない土地の雑学について分かりやすくご紹介

家づくりをするには、まず宅地用の土地が必要です。
自分の名義である宅地用の場所に建てることで、税金の支払いに有利に働きます。
面積は30坪以上は必要で、建設前にその境界線を明確にしておく必要もあります。
固定資産としては安くならないので、売却時はその値段が大方を占めます。
従って税金も極端には下がらず、むしろ上がる場合も想定されます。
もう1つ忘れていけないのは、神主を呼んで地鎮祭をしっかり執り行うことです。

注文住宅で家を建てたい!?家づくりに欠かせない土地の雑学について分かりやすくご紹介

家づくりの基本は、まず土地の準備です。
住宅建設が許可されたものが必要となります。
その広さは、標準的な住宅が30から40坪ほどです。
駐車場や物置・庭を含めて、これ以上の広さが必要です。
都道府県民税となる固定資産取得税では、自分名義の土地の上に自分名義の建物を建てることで、いくらかの減税になることもあります。
土地については将来の税額が下がらないことやお祓いによる家内安全も重要です。
さらに、土地の境界石がない場合は測量をして、自分の土地範囲を明確にすることが最も必要です。
これは結構高額な費用がかかりますが、売却することができなくなるので必要不可欠です。

人気がある東南角地の土地にもデメリットはある

日当たりと風通しの良さなどの理由から、注文住宅の建築用地として東南角地を選ぶ人が増えています。
また人気が高まっている事情もあり、角地の価格も上昇傾向にあります。
そのために予算が限られている場合には、東南に面した角地を購入して家を建てるのが難しくなっています。
ところが東南角地の魅力が人々に知られる一方で、デメリットはあまり認知されていないのが実情です。
土地の価格が高い点も大きな問題ですが、交通量が意外と多いために静かに暮らせないという難点もあります。
特に主要道路に面した角地物件は、昼夜を問わずにトラックなどの騒音にも悩まされます。
そして二方面が道路に面している土地の場合には、家を設計するのが難しいことも多いです。
日当たりと風通しの良さと引き換えに、開放的すぎてプライバシーの確保も難しいからです。
したがって角地の設計では、部屋の配置や窓のレイアウトにもこだわる必要があります。
設計費用も割高になり、結果的に建築費用も高額になるのが問題です。

敷地延長地形を気にする人に人気の土地の特徴

「敷地延長地形」とは、敷地を延長して道路につなげた土地のことを言います。
一般的には「旗竿地」とも言われています。
この地形を気にする方には、道路に敷地が面している接道面積の広い土地が人気です。
敷地延長地は、そうでない土地に比べて安価ではありますが、住宅や植栽などに囲まれることが多く日当たりが悪かったり、敷地延長の通路部分が狭いと自家用車を止められなかったり出入庫が難しくなってしまうこともあります。
また複雑な地形だと工事費がかかる傾向にあります。
一方で接道面積の広い土地はやや価格が上がってしまいますが、一辺でも周囲との一定の距離ができるため部屋に日光を取り入れやすかったり、自家用車の出入庫を容易にしたり、庭を作りやすいのが特徴です。
このような条件の良い物件は人気な分、売れるスピードも早いので購入までのスピード感が重要です。
以上のようにどちらにもメリット・デメリットはありますので、後悔することのないようにどのような家でどのような暮らしをしたいのかをよく考えてから購入をすることが大切です。

建築基準法と旗竿地などの土地形状における知識

土地を購入する際には、建築基準法に基づいて自分が希望する目的に利用することができるかを事前に確認することが重要です。
特に新たな建築基準法では、旗竿地には新たに建物を建築することができない場合が多く、そのため購入しても効果的に利用することができないと言うケースが少なくありません。
建築基準法では幅4メートル以上の公共の道路に接していることが条件となっており、この条件を満たさない土地では建築物を建ててはいけないことになっています。
旗竿地はこの条件を満たしていないため、新たに住宅等を建築することができないことになります。
現在建物が建っている場合でも、これは改正前の法律に基づいて建てられたものであり、これを取り壊した際には新たに建築することができません。
このような土地の場合には比較的安い価格で売り出されていることが多いため、利用価値が高く効率的だと思って購入しても、活用できない資産となってしまうので注意が必要です。

最近は旗竿地などの土地形状に人気が集まっている

一般的には旗竿地などの変形地は、長方形や正方形の整形地に比べて評価が低い土地とされています。
しかし最近は変形地の人気も上昇しつつあります。
旗竿地などの変形地の大きなメリットは購入価格の安さです。
また、土地の評価が低いことから、原則として同じ地域の同じ面積といった同条件の整形地と比較して固定資産税も安くなります。
旗竿地のデメリットのひとつに日当たりが悪い場合が多い点があります。
ただし周囲の住宅の状況によっては影響が少ない場合もあります。
もし影響がある場合でも中庭や天窓といった建築方法でカバーできたり、そもそも昼間は家にほぼいないので日当たりは重視しない人もいるでしょう。
逆に旗竿地のメリットである通行人からの人目が気にならないという点を重視したい人には、おすすめできるといえます。
三角地や台形などの土地は一般的な建物のデザインだとデットスペースが発生しやすいですが、土地の形状を生かした個性的なデザインで建築することで、デメリットをメリットに変える方法もあります。

土地に関する情報サイト
土地の雑学

家づくりをするには、まず宅地用の土地が必要です。自分の名義である宅地用の場所に建てることで、税金の支払いに有利に働きます。面積は30坪以上は必要で、建設前にその境界線を明確にしておく必要もあります。固定資産としては安くならないので、売却時はその値段が大方を占めます。従って税金も極端には下がらず、むしろ上がる場合も想定されます。もう1つ忘れていけないのは、神主を呼んで地鎮祭をしっかり執り行うことです。

Search